たそがれフライフィッシャー

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018-6-22〜28 荒雄川&会津大川

<<   作成日時 : 2018/07/01 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 

6/22 今日から約一週間、デカニジを求めて東北釣行です。 まずは

宮城県鬼首の荒雄川C&Rです。初日はゆっくり出たもんで、年券を

買っていつもの鉄板ポイントに昼頃到着です。

DSCN2748掲2

 

毎年ここから始めるマイポイント、必ず結果が伴うんですから。

DSCN2749掲3

 

まずは結果がほしいのでしっかり沈めて!!これで一安心(笑)。

DSCN2759掲4

 

その後ドライに変えたり、沈めたり、魚を見つめてサイトで狙ったり。

DSCN2762掲5

 

あの手この手で、だましだまし(笑)。大物は出なかったが、やはり

ここは期待を裏切らない。

DSCN2783掲8

 

ゆっくり温泉に入って、今日は車中泊です。おやすみなさい。

DSC_0001掲1

 

6/23 荒雄川C&R 二日目です。何回も通っているんだが荒雄湖に

こんな釣り橋がかかっているなんて今まで気が付かなかった(笑)。

DSC_0006掲1

 

今日は最上流の堰堤からエントリー。今日はドライで通すぞー!!

ただ流れの中では反応が悪い。

DSCN2794掲2

 

ただ去年も出た右岸の石垣沿い。ダウンでゆっくり送り込むと・・・・

DSCN2798掲3

 

木が覆いかぶさる下で・・・ボコッ!!昨年と全く同じパターン。

出るって確信がなせる業(笑)。

DSCN2805掲5

 

その後もドライで何とか恰好がつく位は出てくれた。

DSCN2803掲4 

 

まだ50cm台は見てないが魚体がきれいで鰭もしっかりしているため

緊張感は半端ない!!

DSCN2807掲6 

 

ここのポイントはヒザぐらいの水深に結構たむろしている。ドライを

投げても見向きもしない。そこでサイトです。比較的大きい白モコで。

DSCN2813掲7

 

鼻先に届くようウェート調整、運が良ければ口が開くところが。

ただ、浅いところにいるため1尾釣れると警戒心が伝わりなかなか

後が続かない。

DSCN2818掲8 

 

6/24 荒雄川C&R 三日目です。国交省のHPで川の水位をよく見るん

だが荒雄はここ轟堰堤が測定場所になっている。

DSCN2821掲1

 

今日は最下流から攻めてみるがなかなか反応がない魚が少ない

のか腕の問題か、なかなか出てくれない。

DSCN2828掲2

 

いつもの鉄板ポイントに来てしまった。

DSCN2833掲3

 

やはり私マークのニジ君がしっかり出てくれました。出来レースみた

いだ(笑)。

DSCN2853掲5

 

ここ3ッ日間で一番渋く、思い出すほどにしか出てくれない。そうそう

毎日いい思いしようなんて。今日はこの辺で良しとするか。

DSCN2864掲6

 

6/25 荒雄川C&R 四日目です。今日は久しぶりにC&R B区間を覗

いてみることに。山桑橋から入ってみるが人っ子一人見えない。

普段であれば歓迎するべきところなんだが、だんだん不安になって

きた。魚も出ないことだしA区間に戻るか。

DSCN2869掲1

 

やはり通いなれたA区間デカニジ君の方がおおらかでいいや。

DSCN2876掲4

 

ちょっとセルフタイマーで自撮りしてみました。おやなんか手前に変

なものが入ってますね、愛嬌です(笑)。

DSCN2878掲5

 

荒雄最終日となる今日は渋いながらもドライで通し、楽しい4ッ日間

であった。また秋に来る予定だ、なんたってまだ年券の元が取れて

ないので(笑)。

DSCN2779掲2

 

6/26 会津大川 朝早く雨の鳴子温泉を発ち、会津大川に10時過ぎ

に到着。 荒雄から一気に帰宅するのは辛いのでこれはいつもの

寄り道パターンです。

DSCN2887掲3

 

これもいつものパターン、まずは沈めてしっかり魚の顔を拝むことに。

DSC_0016掲2

 

今にも雨が降りそうな曇天、こんな時にはドライでもちゃんと出てく

れます。

DSCN2898掲4

 

その後もドライで楽しめたが3時過ぎに雨が降りだした。今日は早め

にに引き上げ温泉に。

DSC_0018掲2

 

R289 道の駅キララで温泉&乾杯、今日はここで車中泊です。

明日も会津大川です、お休みZZZZZZZ・・・・・

DSC_0013掲1

 

6/27 会津大川  今日の天気は曇りのち雨、しかも涼しい。

DSC_0015掲1

 

天気予報通り降ったりやんだり、ただレインを着ても暑くならない

程度の気温のため、苦にはならない。

DSC_0019掲3

 

むしろ釣りには絶好の天気、浅いところに定位している鱒がドライに

一投目から出てくれた。

DSC_0024掲4

 

その後も次から次へと出てくれた。何とワンフライで7本出た!!

最後はフライが持たず壊れてしまった。

何回もここにきているがこんなのは初めて、あるんですねーー。

DSC_0030掲6

 

試しにフライボックスの隅にあったGランナーを使ってスイングさせた

ところ、こちらもしっかりと!!

DSC_0026掲5

 

昼を待たず腕がパンパンになるほどの釣果、何かだんだん怖くなっ

てきた。

DSC_0034掲7

 

2時頃になって雨がやみ晴れ間が出てくると同時に蒸し暑くなって

きた。もう十分すぎる位満足、この辺で終了とする。帰りはゆっくり

帰りましょ。8時過ぎ何事もなく無事我が家に帰還。

DSC_0038掲8


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018-6-22〜28 荒雄川&会津大川 たそがれフライフィッシャー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる